兵庫県、まん延防止適用地域に宝塚など追加 県内10市町に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
兵庫県庁=井上元宏撮影
兵庫県庁=井上元宏撮影

 大阪府は15日、新型コロナウイルスの新規感染者が過去最多の1208人確認され、4人が死亡したと発表した。1日当たりの感染者が1000人を超えるのは3日連続になった。

 府内の感染状況は9日以降、重症病床使用率の急上昇などに伴い、政府の6指標のうち陽性率を除く五つで最も深刻な「ステージ4(感染爆発)」が続いている。

 兵庫県は15日、新たに493人の感染が判明した。507人だった14日に次いで過去2番目の多さになった。県は15日の対策本部会議で、緊急事態宣言下でなくても時短命令を出せる「まん延防止等重点措置」の適用地域に、明石など計6市町の追加を決めた。

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文470文字)

あわせて読みたい

注目の特集