特集

藤井聡太 新たな歴史刻む天才

デビューから無敗のまま歴代最多29連勝を記録した藤井聡太。17歳11カ月でタイトルを獲得した「天才」が築く新時代とは。

特集一覧

好カード並ぶA級、B級1組に藤井 将棋名人戦・順位戦見どころ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
将棋の羽生善治九段=東京都千代田区の毎日新聞東京本社で2021年3月18日、手塚耕一郎撮影
将棋の羽生善治九段=東京都千代田区の毎日新聞東京本社で2021年3月18日、手塚耕一郎撮影

 第80期名人戦順位戦(毎日新聞社、朝日新聞社主催)の抽選会が行われ、各組の組み合わせが決まった。順位戦は、名人戦の挑戦者を決めるA級を頂点に、B級1組、B級2組、C級1組、C級2組の五つのクラスで1年間を通じて戦い、A級では2022年に行われる第80期名人戦の挑戦者を、他の組では次期に1クラス上の組に上がる昇級者を決める。一方で、成績によってA級、B級1組では一定人数が降級し、B級2組以下では成績に基づき「降級点」がついて、一定の点数が積み重なると降級につながっていく。クラスが上になれば、昇段や他の一部棋戦のシードなど、さまざまな状況が変わってくる。

 棋士1年目の四段はC級2組から参加。A級に上がるためには1クラスずつ昇級する必要があり、最低4年を費やす。名人になるには最低5年かけて挑戦者となり、七番勝負で勝つことが条件になる。

この記事は有料記事です。

残り2433文字(全文2803文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集