特集

熊本地震

2016年4月14日と16日に発生した熊本地震。最大震度7の激震に2度襲われ、熊本、大分両県で関連死を含めて275人が亡くなった。

特集一覧

熊本地震5年

本震5年 同じ痛み、感じながら

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大和晃さんが見つかった阿蘇大橋の崩落現場付近で、ろうそくに火をともす父卓也さん(左)と母忍さん=熊本県南阿蘇村で2021年4月16日午前1時11分、津村豊和撮影
大和晃さんが見つかった阿蘇大橋の崩落現場付近で、ろうそくに火をともす父卓也さん(左)と母忍さん=熊本県南阿蘇村で2021年4月16日午前1時11分、津村豊和撮影

新しい橋、渡れぬ 大和晃さん母

教訓継ぐ 東海大生

 2016年4月の熊本地震で2回目の最大震度7に見舞われた本震から5年の16日、甚大な被害が出た熊本県南阿蘇村などの被災地では犠牲になった人たちの遺族や友人らが冥福を祈った。時がたち、街並みの復興が進んでも、大切な人を失った悲しみは癒えない。

南阿蘇村

 本震では、南阿蘇村北部を流れる黒川に架かっていた当時の阿蘇大橋が崩落。その近くで車を走らせ、家路を急いでいた同県阿蘇市の大学生、大和晃(ひかる)さん(当時22歳)が土砂崩れに巻き込まれて亡くなった。本震発生時刻の16日午前1時25分、現場では晃さんの父卓也さん(62)と母忍さん(53)、兄翔吾さん(28)が花を供え、黙とうをささげた。

 晃さんは14日夜の前震で被災した熊本市の親友に水を届け、帰る途中で行方不明に。地上捜索が打ち切られた後も卓也さんと忍さんは自力で捜索を続け、約4カ月後、谷底に押し流されていた遺体を見つけた。

この記事は有料記事です。

残り843文字(全文1257文字)

【熊本地震】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集