イノシシ駆除に先端技術 猟友会高齢化 負担減に わなにセンサー、位置情報送信 鉾田 /茨城

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
イノシシ捕獲通知のイメージ
イノシシ捕獲通知のイメージ

 鉾田市は、イノシシ捕獲に情報通信技術(ICT)を活用する。獲物がわなに掛かるとセンサーが反応、メールで知らせるシステムだ。わなを巡回して確認する作業を不要にすることで、高齢化の目立つ猟友会員の負担を軽減する狙いがある。【根本太一】

 イノシシは、以前は筑波山麓(さんろく)以北が生息域だったが、2009年度ごろから鉾田市でも目撃され始めた。市内の被害はサツマイモを中心に年間500万円を超えており、市は、猟友会に委託し約200カ所に捕獲わなを設置。19年度は16頭を…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

あわせて読みたい

ニュース特集