漫画も落語も 堪能を 登龍亭獅篭さんの個展開幕 「令和少女」シリーズなど 会場中央に高座も 名古屋 /愛知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
登龍亭獅篭さんの作品で埋め尽くされた個展会場の真ん中には、高座が設けられている=名古屋市東区泉1のスペースプリズムで2021年4月15日、荒川基従撮影
登龍亭獅篭さんの作品で埋め尽くされた個展会場の真ん中には、高座が設けられている=名古屋市東区泉1のスペースプリズムで2021年4月15日、荒川基従撮影

 落語家で漫画家の登龍亭獅篭(しかご)さん(49)の個展「登龍亭獅篭展2」が15日、名古屋市東区泉1のギャラリー「スペースプリズム」で始まった。25日まで(火曜休み)。入場無料。

 登龍亭一門を率いる獅篭さんは「風とマンダラ」などを描いた漫画家としても知られ、毎日新聞中部版で講談師、旭堂鱗林(りんりん)さんが連載中のコラム「ぐるぐるりんりん」…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文428文字)

あわせて読みたい

注目の特集