魅力ある勤め先を知ろう 朝来・和田山高で「しごとゼミ」 /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大型スクリーン(正面奥)越しに聞いた話を熱心にメモする生徒=兵庫県朝来市の和田山高で、松田学撮影
大型スクリーン(正面奥)越しに聞いた話を熱心にメモする生徒=兵庫県朝来市の和田山高で、松田学撮影

 朝来市和田山町の県立和田山高で15日、「U―18 しごとゼミ」と銘打った会社説明会があった。新型コロナウイルス感染防止のためオンライン形式で開かれ、市内にある13の企業・団体、官公庁が参加した。

 卒業後の進路を決める時期の2年生(94人)に、魅力ある勤め先が市内にもたくさんあることを知ってもらおうと市が企画した。

 金属部品製造会社「冨士発條」は、20~30代の社員7人が総務、技術開発、営業など6部門ごとに説明した。教室に設けられた大型スクリーン越しに生徒から次々に質問を受けた社員らは、「入社したてのころは幅広い年代の人とコミュニケーションをとったり仕事を覚えたりすることが大変だった」「『挑戦し続ける』人が最終的に残る」「長く生きている大人のアドバイスは聞いた方がいい。大体当たっている」などと答えていた。

この記事は有料記事です。

残り45文字(全文402文字)

あわせて読みたい

注目の特集