中2飛び降りは叱責 第三者委「部活教諭、強圧的」 兵庫・宝塚

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 兵庫県宝塚市の市立中学校で2019年6月、吹奏楽部の女子生徒(当時2年)が部活動中に校舎から転落し重傷を負う事故があり、市教育委員会は15日、外部専門家による第三者委員会の調査報告書を発表した。報告書では、顧問の男性教諭(31)がコンクールに向けた練習で生徒を叱責したことが直接の原因と認定。背景に教諭が日常的に強圧的な指導をし、部員に大きなストレスを与えていたことなどを指摘した。

 報告書によると、事故は19年6月8日午後に発生。3階の音楽室でコンクールの曲を練習した際、教諭は女子生徒が担当するトライアングルの音が合っていないと感じ「廊下で100回たたいてこい。出ていけ」と激しい口調で個人練習を指示。生徒は練習したがうまくできる気がせず、音楽室に戻れないと感じ、校舎4階廊下の窓から転落した。

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文694文字)

あわせて読みたい

注目の特集