特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

政府、途上国ワクチン支援に追加資金 数十億円提供で調整

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
COVAXの支援でガーナの空港に届いた新型コロナワクチン=2月24日(ユニセフ提供・AP)
COVAXの支援でガーナの空港に届いた新型コロナワクチン=2月24日(ユニセフ提供・AP)

 政府は15日、新型コロナウイルスワクチンを共同購入し、発展途上国などに提供する国際的な枠組み「COVAX(コバックス)」に、追加で数十億円規模の資金を提供する調整に入った。複数の政府関係者が明らかにした。日本は既に約220億円を拠出したが、コバックスがワクチンの供給目標を引き上げたことを受け、追加の資金提供を行い、率先して国際協力の姿勢を示す。

 コバックスには主要7カ国(G7)などの資金提供でこれまでに7000億円近くが集まり、アフガニスタンやルワンダなど支援対象92カ国に、人口の2割分のワクチンを配布するめどがつきつつあった。しかし、新型コロナの世界的な感染拡大を受け、関係各国などは支援対象国へのワクチン配布量を人口の3割分に増やす方針を決定。さらに2000億円以上が必要になった。

この記事は有料記事です。

残り107文字(全文454文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集