特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

首相訪米「バブル方式」 異例の同行3割減、米との接触も最小限

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
政府専用機で米ワシントン郊外のアンドルーズ米空軍基地に到着した菅義偉首相(手前)=2021年4月15日、AP
政府専用機で米ワシントン郊外のアンドルーズ米空軍基地に到着した菅義偉首相(手前)=2021年4月15日、AP

 菅義偉首相は就任後初となる今回の訪米に当たり、新型コロナウイルスの感染防止対策の徹底を図るため、泡で包み込むように外部との接触を遮断する「バブル方式」を採用し、米側関係者との接触は最小限に抑える方針だ。感染抑え込みに厳戒態勢を取る米側への配慮から、政府専用機の搭乗者も通常より2~3割少ない80人規模に抑え、首相の妻真理子さんも同行を控えるなど、異例の少人数での訪米となった。

全員にワクチン、マイ体温計…

 米側は78歳のバイデン大統領への感染を警戒しているとされ、会談日程は準備に「万全を期すため」との理由で、当初の9日から16日に延期された。ホワイトハウスに入る人数も最小限に絞り、16日午後(日本時間17日未明)の首脳会談は、小規模な会合と高官が加わった拡大会合を大統領執務室(オーバルオフィス)などで開く。共同記者会見も人数が限定され、日本側記者団は代表取材方式となった。

 日本側は早期の対面での会談を要望してきたことから、…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文835文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集