自民分裂の兵庫知事選 維新も絡み「吉村寝ろ」「井戸起きろ」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
兵庫県議会本会議場の知事席。7月の選挙戦後、誰がこの席に座るのか=神戸市中央区で2021年3月24日午後4時5分、藤顕一郎撮影
兵庫県議会本会議場の知事席。7月の選挙戦後、誰がこの席に座るのか=神戸市中央区で2021年3月24日午後4時5分、藤顕一郎撮影

 20年ぶりにトップが交代する兵庫県知事選(7月1日告示、同18日投開票)を巡り、県内の自民党が揺れている。全国でも類をみない60年近く続く継承の形に異を唱えた一部県議がたもとを分かち、別々の候補者を担いだ。その一方の候補者を日本維新の会が推薦し、相乗りの展開になっている。「吉村寝ろ」「井戸起きろ」。ネット交流サービス(SNS)で飛び交った新型コロナウイルスへの対応を巡る大阪と兵庫の知事への言葉が、長年にわたり形成してきた知事与党の分裂を加速させた。一枚岩になりきれなかった自民の水面下で繰り広げられた動きを追った。

「東大卒の官僚出身、副知事経験者」

 2020年12月、戦後最長の県政5期を担った井戸敏三知事(75)が退任を表明すると、44人の自民党県議団(当時。その後、1人は同県宝塚市長選出馬に伴い失職)は11年間片腕として支えた元副知事の金沢和夫氏(64)の支援を決めた。だが、県議団の一部はこの方針に反発、3カ月後、11人が会派を離脱し、大阪府の元財政課長の斎藤元彦氏(43)を擁立した。半世紀以上にわたり正副議長ポストを独占し、維持してきた最大会派に入った亀裂の始まりは、この1年前にさかのぼる。

 同年1月9日、自民県議団がワンフロアを占める県議会棟4階の会議室。議長経験者や…

この記事は有料記事です。

残り2897文字(全文3442文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集