「砂ずりの藤」鮮やか 奈良・春日大社で咲き始め

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
かれんに咲き誇る「砂ずりの藤」=奈良市の春日大社で2021年4月14日午後2時41分、加藤佑輔撮影
かれんに咲き誇る「砂ずりの藤」=奈良市の春日大社で2021年4月14日午後2時41分、加藤佑輔撮影

 奈良市の春日大社で、本殿前にある「砂ずりの藤」が咲き始め、参拝者の目を楽しませている。今年は例年より10日ほど早い20日ごろ、見ごろを迎える見込み。

 「砂ずりの藤」は樹齢約800年と伝わる藤の古木。毎年長さ1・5メートル前後の紫色の花房が垂れ下がり、地面の砂に届くほどの長さになることから名付けられ…

この記事は有料記事です。

残り82文字(全文232文字)

あわせて読みたい

注目の特集