「全国で交通死亡事故ゼロの日」4月8日に初達成 統計から53年

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
警察庁、国家公安委員会などが入る中央合同庁舎第2号館=東京・霞が関で2019年、本橋和夫撮影
警察庁、国家公安委員会などが入る中央合同庁舎第2号館=東京・霞が関で2019年、本橋和夫撮影

 春の全国交通安全運動が実施されていた4月8日は、全国で交通事故による死者が1人もいなかったことが警察庁のまとめで分かった。1日ごとの交通事故の統計を取り始めた1968年以降、連日1人以上が亡くなっていたが、53年たって初めてゼロになった。

 警察は交通事故が発生してから24時間以内に亡くなった人を死者として計上して…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文395文字)

あわせて読みたい

注目の特集