特集

熊本地震

2016年4月14日と16日に発生した熊本地震。最大震度7の激震に2度襲われ、熊本、大分両県で関連死を含めて275人が亡くなった。

特集一覧

熊本地震、本震から5年 「あっという間」家族や友人、冥福祈る

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
熊本地震の本震で崩落した旧阿蘇大橋の橋桁の一部(右奥)が、当時のまま今も残る斜面。発生から5年が経過した16日、多くの人たちが訪れていた=熊本県南阿蘇村で2021年4月16日午後1時4分、平川義之撮影 拡大
熊本地震の本震で崩落した旧阿蘇大橋の橋桁の一部(右奥)が、当時のまま今も残る斜面。発生から5年が経過した16日、多くの人たちが訪れていた=熊本県南阿蘇村で2021年4月16日午後1時4分、平川義之撮影

 2016年4月の熊本地震で2度目の震度7を観測した「本震」から16日で5年を迎えた。熊本地震では倒壊した家屋の下敷きになるなどした直接死が50人に上り、このうち41人は本震で犠牲になった。大切な家族や友人らを失った人たちはこの日、各地で犠牲者の冥福を祈った。

 熊本県南阿蘇村では阿蘇のシンボルだった旧阿蘇大橋が崩落し、付近を車で走っていた阿蘇市の大学生、大和晃(ひかる)さん(当時22歳)が亡くなった。本震発生の午前1時25分、現場で黙とうした父卓也さん(62)は「5年間あっという間だった。いろんな人たちに支えられたおかげで、今の自分たちがある」と語った。

 旧阿蘇大橋の橋桁は今も斜面に残り、幅約200メートル、長さ約700メートルにわたる近くの山腹崩壊跡とともに、地震の記憶を伝える「震災遺構」に選定されている。橋桁や山腹崩壊跡を望む場所には日中も次々に住民らが訪れ、手を合わせていた。【城島勇人】

【熊本地震】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集