特集

愛知リコール不正

愛知県知事の解職請求(リコール)を目指した運動。署名偽造に関与した疑いで、活動団体事務局長らが逮捕されました。

特集一覧

愛知リコール不正 元常滑市議「事務局長から指示」 周囲に話す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
山田豪・元常滑市議=常滑市のHPより
山田豪・元常滑市議=常滑市のHPより

 愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)運動を巡る不正署名事件で、運動事務局の幹部だった元愛知県常滑市議、山田豪氏(52)が「田中孝博・事務局長と共に筆跡が同じ署名簿に指印を押した。田中事務局長の指示だった」との趣旨の話を周囲に伝えていたことが16日、関係者への取材で明らかになった。山田氏は地方自治法違反(署名偽造)の疑いで捜査している愛知県警から任意で事情聴取を受けており、15日に「一身上の都合」を理由に市議を辞職している。

 署名偽造を巡り、事務局関係者が関与を認めたのは初めて。関係者によると、山田氏はリコール署名活動が終了した翌日の2020年10月26日、田中事務局長から名古屋市内の事務局に呼び出され、「押印のない署名が大量に送られてくる。署名を完成させるには指印が必要だ」と持ちかけられ、同年10月末~11月初旬に名古屋市内の公共施設に田中事務局長ら数人と集まり、山田氏は署名簿約500枚に指印を押したという。

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文1006文字)

【愛知リコール不正】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集