特集

入管・難民問題

国外退去処分になった外国人の入国管理施設での扱いが注目を集めています。難⺠に厳しいと言われる日本。人権は守られている︖

特集一覧

入管施設死亡女性の遺族「ビデオ・記録見せて」 記者会見で訴え

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」を使って記者会見に臨む、名古屋入管で収容中に死亡したスリランカ人女性、ウィシュマ・サンダマリさん(当時33歳)の母親(中央)と妹2人=参院議員会館で2021年4月16日、後藤由耶撮影
ウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」を使って記者会見に臨む、名古屋入管で収容中に死亡したスリランカ人女性、ウィシュマ・サンダマリさん(当時33歳)の母親(中央)と妹2人=参院議員会館で2021年4月16日、後藤由耶撮影

 入管施設での外国人への人権侵害に国連などから批判が高まる中、出入国管理及び難民認定法(入管法)改正案が16日、衆院本会議で審議入りした。この日、国会周辺では廃案を訴える抗議集会が開かれたほか、名古屋入管で3月上旬、収容中に死亡したスリランカ人女性、ウィシュマ・サンダマリさん(当時33)の母親と妹2人がスリランカから参院議員会館とつないだオンライン記者会見をして、「娘の死に至る過程についてのビデオや記録を見たい」などと訴えた。【和田浩明、金志尚/デジタル報道センター】

 ※ウィシュマさんについて、毎日新聞はプライバシーなどに配慮し匿名で報じていましたが、記者会見した遺族が「広く報じてもらい真相解明や再発防止につなげてほしい」と名前を明らかにし写真を提供したため、実名で報じます。

 改正案では一定の条件で施設収容の代わりに社会で生活できる「監理措置」が新設される一方、退去命令に従わない人への罰則が設けられ、難民認定申請が3回目以降の人は強制退去の対象となる。

 難民申請中の送還については、迫害を受ける危険のある国へ送還してはならないとする「ノン・ルフールマンの原則」に反するとの指摘がある。

 この日参院議員会館で開かれたウィシュマさんの遺族による会見で、母親のスリヤラタさん(53)は…

この記事は有料記事です。

残り1756文字(全文2302文字)

【入管・難民問題】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集