特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

Passion

「枯れても腐るな」競歩・丸尾知司、遅咲き29歳を支えた言葉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本選手権男子50キロ競歩で優勝し、東京五輪出場を決めて感極まる丸尾知司=石川県輪島市で2021年4月11日、久保玲撮影
日本選手権男子50キロ競歩で優勝し、東京五輪出場を決めて感極まる丸尾知司=石川県輪島市で2021年4月11日、久保玲撮影

 東京オリンピックでメダルが期待される男子競歩。最長50キロは4時間近く歩き続け「最も過酷な陸上競技」といわれる。最後の代表枠を勝ち取った丸尾知司(さとし、29歳)=愛知製鋼。初の五輪に挑む遅咲きウオーカーの原点は、けがに苦しんだ高校時代にある。

 「負けると思った日はたくさんあった。勝てないんじゃないかと思う日もたくさんあった」。11日に石川県輪島市であった東京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権男子50キロ。トップでフィニッシュした丸尾は、何度も目元に手をやった。

 これまで好記録を出しながら勝てなかった。前回の代表選考会だった2019年秋の全日本50キロ競歩高畠大会(山形)で日本歴代2位の3時間37分39秒を出したものの、日本新記録で優勝した川野将虎(まさとら、22歳)=旭化成、当時・東洋大=に敗れて2位。ラストチャンスとなった日本選手権で3時間38分42秒の大会新記録で初優勝し、初の五輪代表に決まった。苦しかった日々を思い、うれし涙があふれた。

この記事は有料記事です。

残り1122文字(全文1550文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集