羽生、4回転が1回転に 位置ピタリだったのに…「落とし穴」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子フリーで演技する羽生結弦=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月16日(代表撮影)
男子フリーで演技する羽生結弦=丸善インテックアリーナ大阪で2021年4月16日(代表撮影)

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦の男子フリーで2位に終わった羽生結弦(ANA)。今季自己最高の193・76点をマークするも、4回転サルコウの回転が1回転になるミスが出た。しかし理由を聞くと、意外な答えが返ってきた。

 演技を終えた羽生は、少し悔しそうにリンク中央からゆっくりと端へ移動し、そっと氷をなでた。それは二つ目の4回転サルコウを予定していた場所だった。「かなり慎重にいっていて、形も悪くなかっ…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文503文字)

あわせて読みたい

注目の特集