連載

月刊ベースボール

さまざまな形で活躍する野球選手たち。ときには過去の名試合も。珠玉のトピックをお届けします。

連載一覧

月刊ベースボール

プレーバック・プロ野球 1972年4月29日 巨人戦 元広島・外木場義郎氏(75)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
1972年4月、巨人戦で完全試合を含む3度目のノーヒット・ノーランを達成した広島の外木場義郎氏
1972年4月、巨人戦で完全試合を含む3度目のノーヒット・ノーランを達成した広島の外木場義郎氏

3度目無安打無得点

 80年を超えるプロ野球で、無安打無得点試合を3度達成した投手は2人しかいない。第二次世界大戦の戦火に散った沢村栄治(巨人)と元広島の外木場義郎(75)だ。「真っすぐとカーブだけでようやったな、と思いますよ」。そう笑う外木場が伝説の右腕に並んだのは1972年4月29日、旧広島市民球場での巨人戦だった。

 最大の山場は七回2死。それまで相手打線を完璧に封じていたが、王貞治にフルカウントから投じたカーブがわずかに外れた。「王さんは選球眼が良い。並の打者なら手を出すこともあるのですが」。四球で初の走者を許し、打席に4番の長嶋茂雄を迎え、前年6月8日の巨人戦が脳裏をよぎった。同じように七回2死までパーフェクト投球だったが、王への四球の直後、長嶋に2ランを浴びたのだ。

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文890文字)

あわせて読みたい

注目の特集