連載

松沢一憲の新・Vライン

後半盛り返した馬に注目する「Vライン」を考案した松沢一憲さんによる予想。

連載一覧

松沢一憲の新・Vライン

素質上位、1冠奪取 ダノンザキッド

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 過去10年、上位1~3番人気は5、4、3連対とまずまずの成績。馬連配当は2000円未満の7回と6000~1万2880円の3回。15~18頭の多頭数でも波乱度は低い。

 路線別は弥生賞組が5連対で、スプリングS組と共同通信杯組が4連対で続く。連対馬20頭の前走成績は【15302】。18頭までが前走1、2着で、該当しない2頭は弥生賞4着馬。前哨戦で掲示板を外した馬は大きな減点対象になる。

 キャリア別は2~8戦以上馬が0、5、7、6、1、1、0連対。戦歴3~5戦馬が有力となっている。

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文611文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集