八幡の藪知らず、謎に迫る 市川歴史博物館で企画展 /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
国道14号沿いにある「八幡の藪知らず」=千葉県市川市八幡で2021年4月9日、小林多美子撮影
国道14号沿いにある「八幡の藪知らず」=千葉県市川市八幡で2021年4月9日、小林多美子撮影

 下総国の総鎮守「葛飾八幡宮」(市川市八幡)と、八幡宮の土地にあり「入ると迷い込んで出られなくなる」との言い伝えが残る「八幡の藪(やぶ)知らず」(同)について、歴史や伝承などを紹介する企画展「葛飾八幡宮と八幡の藪知らず」が市川歴史博物館(同市堀之内)で開かれている。藪知らずが江戸時代から名所案内に載ったり、明治以降は歌舞伎の題材になったりとさまざまな形で紹介され、全国的に知られていたことなどが分かる。5月9日まで。【小林多美子】

 葛飾八幡宮は八幡の地名の由来にもなった。平安時代の寛平年間(889~898年)に創建したとされ、1100年を超える歴史を持つ。境内には樹齢1200年といわれる国指定天然記念物の「千本イチョウ」がある。

この記事は有料記事です。

残り590文字(全文907文字)

あわせて読みたい

注目の特集