「子育て環境整えて」 児童扶養手当敗訴で原告 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
児童扶養手当違憲訴訟で敗訴し、記者会見する原告の山田真有さん=京都市中京区で2021年4月16日午後3時42分、北村隆夫撮影
児童扶養手当違憲訴訟で敗訴し、記者会見する原告の山田真有さん=京都市中京区で2021年4月16日午後3時42分、北村隆夫撮影

 「子どものことを思うなら、親が安心して子育てできる環境を整えて」。障害基礎年金を受給するひとり親に対する、児童扶養手当の不支給処分の取り消しを求めた違憲訴訟。16日の京都地裁判決で請求棄却を言い渡された原告の山田真有さん(36)は、判決後の記者会見でこう訴えた。

 車椅子中心の生活を送り、家では横になって過ごすことが多い。大きくなった長女(18)が、家事を手伝ってくれている。食事は長女と長男(15)、…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文505文字)

あわせて読みたい

注目の特集