特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ まん延防止 首相不在の重要決定 野党批判「バタバタだ」 政府「対策は万全」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 菅義偉首相が訪米のため不在の中、政府は16日に開いた新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で、埼玉など4県への「まん延防止等重点措置」の適用を決めた。首相が不在の中での重要な決定は初めてのことだ。政府は「首相がいなくても対策は万全だ」とアピールするが、野党からは「訪米出発前のバタバタで決めている」などの批判の声も上がっている。

 「本日、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県について、まん延防止等重点措置の実施を決定した」。16日の対策本部の会合では、本部長である首相に代わり、「本部長代理」を務める加藤勝信官房長官が4県への重点措置適用を表明した。首相は15日夜、訪米に先立ち、首相官邸で記者団に「官房長官に必要な対応を取るよう私から指示した。訪米しても緊密に連携をしながらしっかり対応していきたい」と語っていた。

この記事は有料記事です。

残り747文字(全文1104文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集