日米首脳会談「同盟は安定の礎」 バイデン氏、菅首相を「ヨシ」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
バイデン米大統領(左端)と首脳会談に臨む菅首相(右端)=ホワイトハウスで2021年4月16日、AP
バイデン米大統領(左端)と首脳会談に臨む菅首相(右端)=ホワイトハウスで2021年4月16日、AP

 訪米中の菅義偉首相は16日午後(日本時間17日朝)、ワシントンのホワイトハウスでバイデン米大統領と初めて会談した。バイデン大統領は首相を「ヨシ」と呼び、「私たちはインド太平洋地域で重要な二つの民主主義国家だ」と指摘。首相は「自由や民主主義、人権という普遍的価値で結ばれた日米同盟はインド太平洋地域と世界の平和、安定、繁栄の礎で、重要性はかつてないほど高まっている」と応じた。

 首相は「『自由で開かれたインド太平洋』の実現に向けた協力や地域のさまざまな課題、新型コロナウイルス、気候変動など国際社会に共通する課題に対応するため、じっくり議論して連携を確認したい」とも述べた。首相は15日に米中西部インディアナ州インディアナポリスで起きた銃撃事件の犠牲者への弔意も表明した。

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文572文字)

あわせて読みたい

注目の特集