日米首脳会談 経済分野も「脱中国」 5Gなどで協力拡大へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
首脳会談後、バイデン米大統領(右)と共同記者会見に臨む菅首相=ホワイトハウスで2021年4月16日、AP
首脳会談後、バイデン米大統領(右)と共同記者会見に臨む菅首相=ホワイトハウスで2021年4月16日、AP

 バイデン米大統領は16日、菅義偉首相との日米首脳会談に臨み、安全性の高い第5世代移動通信ネットワーク「5G」の推進や、半導体など重要物資の供給網(サプライチェーン)構築に関する協力拡大で合意した。

 バイデン政権は安全保障や経済覇権を巡って対立する中国を警戒し、安全保障上の重要な製品サプライチェーンの「脱中国依存」を目指しており、今回の首脳会談で日本から一定の協力を取り付けた形だ。

 バイデン氏はホワイトハウスで行われた会談後の共同記者会見で、「日米は競争力を維持・強化する技術に投資していく」と述べ、経済分野でも中国への対抗で協調していく考えを強調。「これらの技術は専制主義ではなく日米が共有する民主主義に基づくものだ。安全で信頼できる5Gのネットワークの構築を推進し、半導体などの重要分野のサプライチェーンに関する協力を拡大する」と述べ、先端技術で台頭する中国への対抗姿勢をにじ…

この記事は有料記事です。

残り153文字(全文545文字)

あわせて読みたい

注目の特集