駅員見習いの猫「さくら」がアテンダントに 会津鉄道芦ノ牧温泉駅

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
小林美智子駅長(左)に抱きかかえられ、会津鉄道のアテンダント(右)にリボンの位置を直される「さくら」。制服を着て、手には乗務員手帳を持っている=会津若松市の会津鉄道・芦ノ牧温泉駅で2021年4月17日午前10時13分、三浦研吾撮影 拡大
小林美智子駅長(左)に抱きかかえられ、会津鉄道のアテンダント(右)にリボンの位置を直される「さくら」。制服を着て、手には乗務員手帳を持っている=会津若松市の会津鉄道・芦ノ牧温泉駅で2021年4月17日午前10時13分、三浦研吾撮影

 「猫が働く駅」として知られる福島県会津若松市の会津鉄道・芦ノ牧温泉駅で17日、駅員見習いだった猫の「さくら」がアテンダントに就任。この日から運行が始まった「お座トロ展望列車」を桜が咲く駅から見送った。

 さくらはアメリカンカールの1歳の雌。2020年4月に一般公募で、東京オリンピックの聖火トーチが桜型であることから命名された。約1年間勤務し、働きぶりが認められて今回の就任となった。同駅は10年以上、猫が駅長などの役職に就き、現在はさくらの兄・らぶが2代目名誉駅長を務めている。

 就任式で同社の大石直社長から、「アテンダント」の辞令とともに制服や乗務員手帳などが交付された。火曜と金曜~日曜午前9時~午後4時の勤務で、列車の見送りや駅構内の巡回などの業務を行う。小林美智子駅長は「お客様を見送る姿が板に付いてきた。制服着た姿が似合うので、癒やしを与えられるように頑張ってほしい」と期待した。【三浦研吾】

あわせて読みたい

注目の特集