特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

根深い日本の「ワクチン嫌い」 信頼度高めるためには何が必要か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスのワクチン接種風景。ワクチンへの理解を深める取り組みが急がれている=名古屋市中区の国立病院機構名古屋医療センターで2021年2月19日午後4時2分、兵藤公治撮影
新型コロナウイルスのワクチン接種風景。ワクチンへの理解を深める取り組みが急がれている=名古屋市中区の国立病院機構名古屋医療センターで2021年2月19日午後4時2分、兵藤公治撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ごうと、各国でワクチンへの期待が高まっている。世界最速のペースで接種が進むイスラエルでは、大幅に感染者を減らしたとの報告もある。だが、日本は海外に比べてワクチンへの忌避感が強いという。なぜなのか。その背景に迫った。

 日本のワクチン嫌いは根深い――。そんな印象をもたらす調査結果を英ロンドン大などのチームがまとめ、英医学誌ランセットに掲載した。

 2015年から19年にかけて、149カ国の18歳以上28万4381人に対し、ワクチンの安全性や有効性についてどう考えているかアンケートした。すると、安全性では、日本は15年が147位、19年が最下位。有効性でも、15年が147位、19年は148位とほぼ変わらず、日本のワクチンへの信頼の低さが際立った。その理由について、チームは「子宮頸(けい)がんなどの予防に使われるHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンへの不安が影響した」と分析する。

 HPVワクチンをめぐっては、日本では13年4月に定期予防接種の対象となった。だが、接種後に痛みや倦怠(けんたい)感などの症状を訴える人が相次ぎ、厚生労働省は同年6月、積極的勧奨を中止。70%を超えていた定期接種対象世代(小学6年~高校1年相当の女子)の接種率は1%を下回るまでになっている。

 海外では…

この記事は有料記事です。

残り1488文字(全文2048文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集