楽天・田中将大が日本復帰初登板 2722日ぶり 国内100勝かけ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【楽天-日ハム】ウォーミングアップを終えベンチへ戻る楽天の田中将大投手=東京ドームで2021年4月17日、西夏生撮影
【楽天-日ハム】ウォーミングアップを終えベンチへ戻る楽天の田中将大投手=東京ドームで2021年4月17日、西夏生撮影

 プロ野球・楽天の田中将大投手(32)が17日、東京ドームでの日本ハム戦に先発し、日本球界復帰後、初登板を果たした。田中将の公式戦登板は、楽天が初の日本一を決めた2013年11月3日の巨人との日本シリーズ第7戦以来、2722日ぶり。田中は国内で99勝しており、通算100勝を懸けたマウンドとなる。

 田中将は今年1月に米大リーグ・ヤンキースから8年ぶりに楽天に復帰した。当初は開幕2戦目の3月27日に先発予定だったが、右ふくらはぎを痛めたため回避。その後、1軍に同行しながら調整し、実戦登板を経ずに復帰登板を迎えた。

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集