連載

ひとinぐんま

毎日新聞デジタルの「ひとinぐんま」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

ひとinぐんま

紙芝居制作 北川鎭さん(91) 戦争の記憶を伝えたい /群馬

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
紙芝居を紹介する北川鎭さん=群馬県伊勢崎市境島村で2021年3月18日、大澤孝二撮影
紙芝居を紹介する北川鎭さん=群馬県伊勢崎市境島村で2021年3月18日、大澤孝二撮影

紙芝居制作 北川鎭(しずむ)さん(91)

 「幼い頃に好きだった紙芝居を今の子どもたちにも見せてあげたい」。そんな思いで、印刷会社を定年退職した後の2000年から紙芝居の制作を始めた。当初は芥川龍之介の「蜘蛛(くも)の糸」などの作品をベースに絵や文字を手作りしていたが、「戦争の記憶を後世に伝えたい」と、「戦争もの」も手がけるようになった。

 少年徴用工として軍需工場で働いていた1945年3月、東京大空襲に遭遇した。東京都墨田区の北十間川に一緒に飛び込んだ友人が亡くなってしまった経験を基にした「火の雨-東京大空襲」では、火の中を逃げ回る親子を描いた。

この記事は有料記事です。

残り716文字(全文991文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集