「雇い止め」大学を提訴 非常勤講師、地位確認求め 地裁 /京都

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者会見する川口剛さん=京都市で2021年4月14日午後2時1分、中島怜子撮影
記者会見する川口剛さん=京都市で2021年4月14日午後2時1分、中島怜子撮影

 無期雇用への転換を申し込めるようになる直前に雇い止めをされたとして、関西福祉科学大(大阪府柏原市)で非常勤講師を務めていた川口剛さん(55)=京都市=が、大学を運営する学校法人玉手山学園(同市)に対し、講師としての地位確認などを求める訴えを京都地裁に起こした。提訴は14日付。

 訴状などによると、川口さんは2016年4月から1年契約の英語講師として勤務していたが、20年9月に大学側から「無期転換になると簡単には辞めてもらえなくなる。一旦、空白期間を入れ…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文571文字)

あわせて読みたい

ニュース特集