特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

体操 全日本個人総合 村上連覇、五輪へ弾み

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
女子個人総合で優勝した村上の段違い平行棒=代表撮影
女子個人総合で優勝した村上の段違い平行棒=代表撮影

 東京オリンピック代表選考会を兼ねた体操の全日本個人総合選手権第3日は17日、群馬・高崎アリーナで女子個人総合決勝が行われ、村上茉愛(日体ク)が2大会連続5回目の優勝を果たした。決勝は4種目合計56・298点でトップ。首位だった予選との合計で112・564点をマークした。

 畠田瞳(セントラルスポーツ)が1・966点差の2位、平岩優奈(戸田スポーツク)が3位だった。2016年リオデジャネイロ五輪代表の杉原愛子(武庫川女大)が4位、昨年2月の左アキレスけん断裂からの復活を目指す寺本明日香(ミキハウス)は6位だった。

 五輪団体総合メンバー(4人)のうち3枠は、今大会の得点を持ち点として争う5月のNHK杯(長野市ビッグハット)での上位3人が選ばれる。18日は男子個人総合決勝が行われる。

この記事は有料記事です。

残り1480文字(全文1823文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集