新型コロナ 時短協力金、支給率に差 3月末、京都20%・福岡100% 11都府県調査

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
時短協力金支給状況
時短協力金支給状況

 11都府県で1月から再発令された新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言に合わせ、営業時間の短縮要請に応じた飲食店への協力金の支給が一部で大幅に遅れている。毎日新聞が対象自治体にアンケートしたところ、3月末までの支給率は京都府、大阪府、東京都が2割台で、飲食店からは悲鳴が上がっている。

 アンケートは11都府県を対象に実施。最初の約1カ月分について各都府県が集計した時短協力金の申請件数と支給状況を聞いたところ、3月末までの支給率は京都府が20%、大阪府が26%、東京都が29%。一方、福岡県は100%、埼玉県は8割…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文646文字)

あわせて読みたい

注目の特集