菅首相の初訪米で弱点露呈 思惑通りにいかなかった記者会見

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
会談後、バイデン米大統領(手前)と共同記者会見に臨む菅首相=ホワイトハウスで2021年4月16日、AP
会談後、バイデン米大統領(手前)と共同記者会見に臨む菅首相=ホワイトハウスで2021年4月16日、AP

 菅義偉首相の初訪米は予定された日程を終えたが、最大の対外発信の場であるバイデン米大統領との共同記者会見は、日米両政府の思惑通りとはいかなかった。

 16日午後5時(日本時間17日午前6時)過ぎ、バイデン氏が先導する形でホワイトハウスの中庭に両首脳が現れ、左右に置かれた演壇の前に立った。

 ホスト役のバイデン氏はマスクを取ると、曇天から晴れ間がのぞいたことを受けて「首相が太陽を運んできた。彼は何でもできるんだよ」とジョークから入ったが、会場が沸いたような雰囲気はなかった。

 会談の焦点は対中国戦略であり、両首脳もそれぞれの立場から中国を意識して発言した。冒頭、バイデン氏は「我々は中国からの挑戦に共に立ち向かっていく」と、中国をいきなり名指しした。民主主義に対する専制主義の「挑戦」に対し、日米が手を携えて返り討ちにするという決意がにじんだ。

この記事は有料記事です。

残り930文字(全文1301文字)

あわせて読みたい

注目の特集