「久保田」初のスパークリング清酒発売 新潟・朝日酒造

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
朝日酒造の「久保田 スパークリング」=東京都港区で2021年4月16日午後4時4分、村田由紀子撮影
朝日酒造の「久保田 スパークリング」=東京都港区で2021年4月16日午後4時4分、村田由紀子撮影

 朝日酒造(新潟県長岡市)は、発泡性の日本酒「久保田 スパークリング」を19日に出荷する。「久保田」ブランドとして初のスパークリング清酒となる。500ミリリットル、1320円。

 きめ細かな泡立ちとマスカットのようなフルーティーな香りの、軽やかで爽やかな飲み口が特徴。ベースの純米酒の味わいを引き出すため、アルコール度数は12度と、一般的なスパークリングワインと同等に仕上げた。麴米(こうじまい)、掛米ともに五百万石を使い、精米歩合は65%。近年、販売数量が増えてい…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文580文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集