115年前に製造の2等客車「ロ481号」 展示施設が完成 高知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
客車の内部。当時のままの様子が保たれている=高知県佐川町で2021年4月17日午後1時31分、小宅洋介撮影
客車の内部。当時のままの様子が保たれている=高知県佐川町で2021年4月17日午後1時31分、小宅洋介撮影

 大正から昭和にかけ、土讃線の須崎―日下駅間を走行していた2等客車「ロ481号」を展示する観光施設「うえまち駅」が高知県佐川町の上町地区に完成し、17日に落成式があった。

 同号は1906年製造。2等客車は、現在のグリーン車に相当する。33年に当時の鉄道省が町に寄贈し、以来35年間、町の博物館「青山文庫…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文378文字)

あわせて読みたい

ニュース特集