北海道の「サラブレッド銀座」で出産ピーク デビューは2年後

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 競走馬の産地、北海道新冠町の牧場で、サラブレッドの出産がピークを迎えている。同町の牧場が並ぶ「サラブレッド銀座」では、日高山脈のふもとで子馬が無邪気に走り回る姿や母馬に甘える姿を見ることができる。

 町内の秋田牧場では2月下旬から出産が始まり、これまでに重賞馬のキタサンブラックの子を含む5頭が生まれ…

この記事は有料記事です。

残り134文字(全文284文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集