北園丈琉、鉄棒で落下・負傷 最年少Vならず 体操全日本選手権

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
鉄棒から落下する北園丈琉=群馬県高崎市の高崎アリーナで2021年4月18日(代表撮影)
鉄棒から落下する北園丈琉=群馬県高崎市の高崎アリーナで2021年4月18日(代表撮影)

 東京オリンピック代表選考会を兼ねた体操の全日本個人総合選手権最終日は18日、群馬・高崎アリーナで男子決勝が行われ、予選をトップで通過した18歳の北園丈琉(たける)=徳洲会=は最終種目の鉄棒で落下して負傷。最終順位は6位となり、最年少優勝を逃した。

 初の日本一を視界に捉えていた北園は、最終種目の鉄棒…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文351文字)

あわせて読みたい

注目の特集