連載

今どきの歴史

歴史研究の最前線や新たな知見、話題のテーマなどを取り上げます。

連載一覧

今どきの歴史

歴博が「海の帝国琉球」展 アカハチは何を語るか

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
円覚寺の釣り鐘の「尚真帝王」の文字。他の文字と比べ別格の扱いだ=沖縄県立博物館・美術館蔵
円覚寺の釣り鐘の「尚真帝王」の文字。他の文字と比べ別格の扱いだ=沖縄県立博物館・美術館蔵

 「万国の懸け橋」を自任し、東アジアの大交易時代に輝かしい足跡を記した琉球王国を新視点で見直す「海の帝国琉球―八重山・宮古・奄美からみた中世―」展が、国立歴史民俗博物館(歴博、千葉県佐倉市)で開かれている。海洋国家の爽快なイメージからは意外な「侵略性」「帝国性」にスポットが当てられ、新しい歴史像として刺激的だ。

 沖縄本島を中心に、北は奄美から南は八重山・宮古までを版図とした琉球王国。第二尚氏王朝の尚真王(在位1477~1526年)時代が最盛期といわれる。本土では室町幕府が弱体化し、応仁の乱から戦国時代へと中世も終わりにさしかかった時期に当たる。

この記事は有料記事です。

残り1373文字(全文1648文字)

あわせて読みたい

注目の特集