連載

トーク

芸能人やアーティストが自身の作品について語ります。

連載一覧

トーク

麻生祐未 WOWOWのドラマ「華麗なる一族」で主人公の妻役 今いる場所で生ききる姿を

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 高度経済成長期の政財界を舞台に、人間の野望と愛憎、そして繁栄から崩壊へと突き進む家族――。「連続ドラマW 華麗なる一族」(WOWOW、日曜午後10時)で主人公の妻、万俵寧子(やすこ)役を演じる。山崎豊子の不朽の名作を、WOWOW開局30周年に合わせて映像化。「原作の面白さはそのままに、豪華な世界観と数々の演技合戦が詰まった作品となった。万俵家の一員になれたことがとってもうれしいです」と話す。

 阪神銀行オーナーでコンツェルンの総帥、万俵大介(中井貴一)は大蔵省官僚の娘婿から都市銀行再編の動きを聞きつけ、大手銀行の吸収合併を画策する。一方、家庭では寧子や子供たちに加え、大介の長年の愛人、相子(内田有紀)が共に暮らしていた。

この記事は有料記事です。

残り747文字(全文1061文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集