棟方志功記念館 故郷青森を描く 版画や油絵103点 /青森

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
青森の田園風景を描いた棟方志功の版画「鷺畷の柵」=青森市松原の棟方志功記念館で2021年4月18日、平家勇大撮影
青森の田園風景を描いた棟方志功の版画「鷺畷の柵」=青森市松原の棟方志功記念館で2021年4月18日、平家勇大撮影

 版画家・棟方志功が青森の風景などを描いた版画や油絵などの作品を紹介する企画展「AOMORI NO KO」が青森市松原の棟方志功記念館で開かれている。6月13日まで。

 同館によると、棟方は青森市で暮らしていたころから郷土の自然風景の写生に没頭していた。21歳で上京してからも毎年のように古里に戻っては風景を描き続け、それらは棟方作品の基礎となっていると…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

あわせて読みたい

注目の特集