連載

くろしお物語

くろしおがつなぐ紀州と千葉・房総の昔と今をたどります。

連載一覧

くろしお物語

紀伊・房総/12 鵜原港漁師の母 船に思う 亡き息子 /和歌山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
千葉県勝浦市鵜原の漁港のスケッチと写真
千葉県勝浦市鵜原の漁港のスケッチと写真

 紀州漁民の菩提(ぼだい)寺で有名な真光寺(千葉県勝浦市鵜原)に立つと、檀家で、息子の月命日に必ず墓前に手を合わす漁師の母、野村たまきさん(75)=仮名=に出会った。彼女は大分から鵜原に移住して漁師として成功した親戚の勧めで、1963(昭和38)年に鵜原へ嫁いできた。

 そのころの漁期は大体、以下の通り。4月はイシナギ、6月はイサギ(小さい魚)、キンメダイ、7~8月はヤリイカ、スルメイカ。主人は海士(あま)でサザエ、アワビを得意とし、生アワビを食べさせる民宿は大繁盛した。新婚早々で喜びもひとしおだったという。大分では味わえない生活ができ、幸せな家庭を築いた。こんな中で育った長男が漁師を継ぐことを決意して、地元の高校の漁業科に入学。在学中に漁師に必要な資格を取り、卒業したら早速海に出て、父と祖父から漁の勘所を学び取った。息子にバトンを渡すため、360馬力の大型船「一丸」を新調し、3月から8月ま…

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文1002文字)

あわせて読みたい

注目の特集