「れんげ遊び」歓声響く 自然体験、元気よく 1年生デビュー 減農薬米グループが招待 唐津 /佐賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
緑肥としてすき込む前のレンゲ畑を駆け回る唐津市立鬼塚小1年生
緑肥としてすき込む前のレンゲ畑を駆け回る唐津市立鬼塚小1年生

 唐津市山本地区に広がるレンゲ畑に、市立鬼塚小1年生49人の歓声が響いた。化学肥料を減らした米作りに取り組む「山本地区農村環境を守る会」が、緑肥として植えたレンゲソウを田にすき込む前の16日、自然体験企画「れんげ遊び」に招待した。足で薄紫色のじゅうたんの感触を確かめ、花を摘んでブーケを作る姿に、多貝利彦校長(55)は「入学式から4日目で、地域との関わりのスター…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

あわせて読みたい

注目の特集