変異株感染の20~40代肺炎発症 従来株の倍近く 和歌山県調査

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
和歌山県庁=黒川晋史撮影
和歌山県庁=黒川晋史撮影

 新型コロナウイルス感染症で、和歌山県内で変異株に感染した20~40代が肺炎になった割合は、従来株より倍増していることが和歌山県の調査で明らかになった。変異株では同年代の重症例も出ており、県福祉保健部の野尻孝子技監は「変異株の重症化リスクの高さを示している。感染力が強く、県内でも流行している中、若者にも注意が必要だ」と指摘している。

 県が感染の「第4波」とした3月14日からの1カ月間の感染者のうち、変異株の感染を調べるスクリーニング検査を実施したのは363人で、うち205人(56・5%)の感染が確認された。この205人と、残りの従来株感染者158人に、関連した陽性者で従来株と推定される49人を加えた207人の症状について比較分析した。

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文689文字)

あわせて読みたい

注目の特集