特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「全国同時ノーマスクピクニック」に批判殺到 自治体は困惑の声

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
写真はイメージ=ゲッティ 拡大
写真はイメージ=ゲッティ

 大型連休中の5月1、2日、全国各地でマスクを着けずに屋外でピクニックを楽しむ「全国同時ノーマスクピクニックデー」の開催がインターネットで呼びかけられている。新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、ツイッター上では批判が殺到。開催場所とされた自治体からは当惑の声が上がる。【油井雅和/デジタル報道センター】

 開催を告知するサイトによると、「2019年の笑顔を取り戻そう」として、「日本全国一つ空の下、同じ想(おも)いの人たちが繋(つな)がり合い、新鮮な空気を吸って、素顔で笑い合い、楽しく遊びませんか?」などと参加を呼びかけている。

 主催者などは不明だが、同サイトによると、開催場所は、東京(3カ所)▽秋田▽茨城▽神奈川▽埼玉▽千葉▽大阪▽京都▽兵庫▽広島▽香川▽福岡(2カ所)▽鹿児島▽沖縄――の17カ所。参加は無料で、各会場に代表者のツイッターアカウントが連絡先として公開されていた。しかし19日夜になって開催場所などの詳細が削除された。4月11日にはすでに大阪市内で開催された、との情報もある。

 ツイッターでは「#全国同時ノーマスクピクニックデー」のハッシュタグも立てられ、反対する意見が殺到しており、当日は開催予定の公園には行かないよう注意喚起する意見が多数を占めている。

ノーマスクピクニックデーの開催を知らせるウェブページ 拡大
ノーマスクピクニックデーの開催を知らせるウェブページ

 「公園ではマスクの着用が表記されている。ルール違反でしかない」「いらんことして医療現場に余計な手間を増やさないで」「こんな時に何考えてんの」「真面目に自粛してる人や医療従事者に対して本当に失礼」といった反対する意見が続々と書かれている。

 また、「実母は治療で免疫力が低下しているので開催場所が分かり次第、その日は行かないように注意喚起せねば。病気頑張って治したのにコロナにかかったら体力もないから危ない」と家族を心配する意見も見られた。

 自治体からは困惑の声が上がる。

 坂田ケ池総合公園が開催予定場所とされた千葉県成田市。市内は現在、まん延防止等重点措置の対象にはなっていないが、県内の一部は20日から同措置の対象になる。開催されれば市外から来場者が集まる可能性もある。門井正和・健康増進課長は「一般論として、今のこの時期にノーマスクというのは考えられない。どんな団体なのか、どういう趣旨なのかもよくわからないが、市を挙げて感染防止対策に取り組んでいる中、怖いですよ」と困惑する。大阪城公園が開催場所になっている大阪市によると、市民や他の公園の関係者から電話の問い合わせが相次でいるといい「少し前に聞いたので、状況を聞いてこれから協議をする」とコメントした。

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集