特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

まん延防止の適用外でもリバウンド 「都市の感染、地方に波及」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国立感染症研究所が分離した新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真=同研究所提供
国立感染症研究所が分離した新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真=同研究所提供

 新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」を適用していない地域でもリバウンド(感染再拡大)が目立ち始めた。この1カ月で1日当たりの感染者数が過去最多を更新した14府県のうち10県は19日現在、重点措置が未適用だ。東北や四国の地方都市が中心で、変異株が猛威を振るう大阪府や首都圏ほど感染者数は多くない。だが専門家は「医療崩壊につながりかねない」と危機感を示す。

 毎日新聞のまとめでは、東京都などで2回目の緊急事態宣言が解除された3月22日以降、4月19日までの約1カ月間で過去最多を更新したのは青森、宮城、山形、福島、新潟、石川、大阪、兵庫、奈良、和歌山、鳥取、徳島、愛媛、沖縄の14府県。うち重点措置が適用されたのは宮城、大阪、兵庫、沖縄の4府県にとどまる。愛媛県は19日に重点措置の適用を国に要請する方針を固めた。

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1240文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集