文化財、公園破損… コロナ禍でスケボー人気 トラブルも頻発

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
JR豊橋駅のデッキに掲げられた「スケートボード禁止」の看板=愛知県豊橋市で
JR豊橋駅のデッキに掲げられた「スケートボード禁止」の看板=愛知県豊橋市で

 東京オリンピックの新種目として注目を集めるスケートボード。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、屋外で人と距離を保って楽しめる点が人気を集めているが、スケーターが無断で公有地に侵入したり、文化財を破損したりといったトラブルが各地で頻発している。ルールを知らない初心者が問題を引き起こすケースが多く、関係団体は正しい知識の普及啓発に力を入れるとしている。

 「スケートボードなどの行為は禁止です」。東海道新幹線や在来線が乗り入れるJR豊橋駅(愛知県豊橋市)の改札口から続く2階部分に広がる歩行者デッキにアナウンスが繰り返し流れる。デッキには「スケートボード禁止」と書かれた看板もあちこちに立つ。

この記事は有料記事です。

残り740文字(全文1035文字)

あわせて読みたい

注目の特集