特集

第46回社会人野球日本選手権

社会人野球の単独チーム日本一を争う第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。

特集一覧

親子二代で西濃運輸、渡辺豪が本塁打 父超え目指し 日立市長杯

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【スバル-西濃運輸】八回裏2死一塁、西濃運輸の渡辺豪が左中間2点本塁打を放つ=日立市民球場で2021年4月19日午前11時29分、川村咲平撮影
【スバル-西濃運輸】八回裏2死一塁、西濃運輸の渡辺豪が左中間2点本塁打を放つ=日立市民球場で2021年4月19日午前11時29分、川村咲平撮影

 社会人野球の第43回JABA日立市長杯第4日は19日、日立市民球場などでリーグ戦が行われ、西濃運輸がスバルに7―3で勝利した。

 「尊敬する」父と同じ西濃運輸のユニホームに袖を通した新人の渡辺豪(22)。本塁打を含む4安打5打点の固め打ちで、チームの今大会初勝利に貢献した。

 身長180センチの左打ち。足をしっかり上げ、軸足に力をためて踏み込むスイングは、長距離打者の力強い雰囲気を感じさせる。林教雄監督も「思い切りが良く、ボールを遠くに飛ばす力もある」と太鼓判を押す。本職は遊撃手だが、得意の打撃を生かすため、この試合は一塁手として出場。練習で取り組んできた打撃の一端が…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文733文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集