特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナ判定、5分で 蛍光分子利用 理研チーム開発

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染を世界最速の5分ほどで正確に調べられる新しい検査方法を開発したと、理化学研究所や東京大などのチームが19日、英科学誌に発表した。現在、確定診断に使われているPCRと同程度のコストで、短時間に大量の検体を解析することが可能という。理研の渡辺力也主任研究員(生物物理学)は「民間企業と連携し、2年ほどで実用化したい」と話している。

 チームは、細菌の免疫システムに関係する「クリスパー・キャス13a」という酵素がコロナウイルス中にあるRNAと呼ばれる遺伝物質とくっつくと活性化して切断される特徴に着目した。

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文441文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集