2年連続、待機児童ゼロ 受け入れ拡大、人材増加が奏功 /山形

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は19日、保育園や認定こども園などに入所できない県内の待機児童数について、2年連続でゼロ(2021年4月1日現在、速報値)だったと発表した。吉村美栄子知事は「今後も幸せな子育て環境を整備し、必要な対策を講じていく」とのコメントを出した。

 県こども保育支援課によると、21年4月1日現在の保育所等利用申込児童数は2万6560人(前…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文415文字)

あわせて読みたい

注目の特集