職員に注射針刺さる 豚熱の殺処分中 那須塩原 /栃木

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
豚熱の防疫作業が終了した後、消毒する職員ら=栃木県提供
豚熱の防疫作業が終了した後、消毒する職員ら=栃木県提供

 那須塩原市の養豚場で飼育している豚に豚熱(CSF)の感染が確認された問題で、県は19日、殺処分に当たっていた男性県職員の足に処分に使う消毒薬の入った注射針が刺さったと発表した。職員は近くの病院に救急搬送され入院したが、命に別条はないという。

 県によると、職員は18日午後8時50分ごろ、獣医師が注射するために子豚を押さえていたところ、子豚が暴れ、注射針が誤って…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文454文字)

あわせて読みたい

注目の特集