新型コロナ 市川市、コールセンター混乱 ワクチン接種予約、誤解招く案内郵送 /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスのワクチン接種を巡り、市川市が75歳以上の高齢者に接種券と同封して郵送した予約方法の案内で、4月中旬から予約ができると誤解を招く表現があり、市のコールセンターがつながりにくい状態になるなど混乱が起きていたことが分かった。市議11人が19日、改善を求める申し入れ書を村越祐民市長に提出した。

 同市は15日に、75歳以上の市民約5万7000人に接種券を郵送。予約方法の案内では「国からの十分なワクチン供給がされ次第予約を受け付けます」とした上で、「4月中旬以降にコールセンターまでお問い合わせください」と記した。具体的な予約時期の言及がなかったため、4月中旬から予約ができると誤解した高齢者らがコールセンターに電話したとみられる。

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文575文字)

あわせて読みたい

注目の特集